144個収穫するゴーヤの栽培術はコチラ

【世界広し】台湾にはゴーヤ石鹸とゴーヤ歯磨き粉がある!

ゴーヤ好きのオッサンというイメージが定着しているせいか、いつも出入りしている会社の台湾人スタッフからゴーヤグッズを頂きました。

  • ゴーヤ石鹸
  • ゴーヤ歯磨き粉

確かにパッケージに苦瓜(にがうり=ゴーヤ)と記載されている!

 

さすがゴーヤ先進国台湾。大丈夫か我が国日本。

 

YUANのゴーヤ石鹸を使ってみた

高級感を感じる外観

製造元はYUAN(阿原)という会社。台湾では有名なブランドらしい。

 

ゴーヤ石鹸の裏面をみると、確かに成分名に苦瓜(ゴーヤ)と記載されてます。

 

封を開けると、漢方っぽいなんともいえないさわやかな香りが鼻に入ってきます。とてもいい香りです。

ところどころ黄色のマダラ模様が入ってますが、種ではない。なんだろう・・・

また右下には「瓜」の刻印が。とことんゴーヤであることを主張しています。

 

マイルドな泡立ち

市販の石鹸と同じ要領で、顔を洗ってみることにしました。このように泡立ちは普通の石鹸とは変わりませんが、前述したように香りがいいです。

まさかゴーヤを食すのではなく、ゴーヤで洗う体験ができるとは。台湾のゴーヤ界、どんだけ裾野が広いんだ・・・・。

 

先程つくった泡で顔を洗ってみました。なんかバカ殿みたいになってますが、肌への刺激は極めてマイルド。この石鹸をくれた台湾人いわく、肌が弱い子供でも安心して使えるそうです。

 

こちらがすすぎフィニッシュした顔。ゴーヤエキスで溜まったものがデトックスされたのか、すっかり賢者モードです。

 

YUANのゴーヤホワイトニング歯磨き粉を使ってみた

さて続いてゴーヤ歯磨き粉にトライ。パッケージにはしっかりゴーヤがのってます。ただ一般的なゴーヤと違ってなんだか小ぶり。台湾独特の品種なのかな?

 

ゴーヤにまさかのホワイトニング効果

さらにパッケージを眺めると、苦瓜牙膏ー亮白 (Momordica Toothpaste Brightening)という記載が。

意味を調べると、 亮白には「白をハッキリさせる=ホワイトニング」という意味があるらしい。

 

えっゴーヤにホワイトニング効果があるの?

ホワイトニングといえば、今やってる「白い歯戦隊★ホワイトニング

 

結局すべての仕事はゴーヤに行き着くということなのか。

というわけで1ヶ月間ガチ検証してみました。


 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です